iモード  English

機材の評価、天体望遠鏡



 ここには、天体望遠鏡を使用した私の経験をもとに、人から聞いた話も
いくらか交え(その部分はその旨明記)、性能や使い勝手等について評価
します。ご参考になりましたら幸いです。


   ・BORG 125ED F6.4    ・     125ED F2.8    ・     100ED   (まだ評価はありません)    ・     76ED    ・     45ED(ミニボーグ45ED)    ・     EDスーパーレデューサー    ・     小型赤道儀    ・タカハシ MT-200、JP    ・     ε-300    ・Pentax  105EDHF    ・     MS-5    ・アイピース
BORG 125ED F6.4  ・ 直焦写真愛好家に人気の望遠鏡です。私も、メイン機として愛用し   ています。  ・ 撮影では、フラットナー使用のF6.4と、スーパーレデューサー使用   のF4と、両方とも愛用しています。どちらも高性能です。私は4x5   の円形写野で撮ることが多いです。周辺(イメージサークル10cm弱)   まで、微光星が針で突いたようにシャープです。  ・ 性能は、高価なフローライトやSDと比べるとやや落ちるという人   もいますが、所詮「やや」であり、十分な性能です。青ハロがほんの   少し出る場合がありますが、大きくはありませんし、むしろ私として   はもっと出て欲しいくらいです。ハロが嫌いな人にとっても、フロー   ライトとは僅かな性能差で、大きな値段差ですので、CP(コストパ   フォーマンス)は極めて高いと言えます。  ・ この望遠鏡には、光軸調整機構が付いています。 私は以前、Nifty   のFSPACEに「光軸が狂いやすく、遠征の度に再調整する必要がある」   と書きましたが、最近のものは、光軸が狂いにくくなりました。私の   も、整備の際に新しいセルに交換してもらったのですが、それ以降、   一度も光軸調整していないのに、いつもドンピシャです。交換後の最   初の頃は、不安なので遠征の度に高倍率で光軸を確認していたのです   が、最近はやめてしまいました。年に一度くらい確認しますが、全然   狂っていません。  ・ 眼視での使用は、頻度は少ないですが、高倍率でも低倍率でも良く   見えます。高倍率で色収差が出るという人もいて、確かにMT-200と並   べて見比べると少し色に気付くこともありますが(これは屈折望遠鏡   にとって非常に酷な評価方法です)、普段はあまり気付きません。よ   ほど性能にうるさい人でなければ問題ないと思います。よく、テレビ   を買うときに、電気屋さんで並んでいる時に見比べるとソニーと日立   と東芝が違って見えるけど、居間に1台だけあると結局どれでも良い   ってことがありますよね。それと似たようなものでしょう。少なくと   も私は、これとほとんど違いのない(ほんの僅かに良いかもしれない)   望遠鏡を、数倍の値段を出してまで欲しいとは思いません。むしろ、   その値段差で、20cmくらいの質の良い反射を加えた方が、有用なよう   に思います。ただし、望遠鏡は趣味のための製品ですので、価値観の   相違によるところが大きいでしょうか。
BORG 125ED F2.8  ・ 望遠鏡というより、望遠レンズに限りなく近い製品です。そして、   望遠比(小型化)をあまり欲張らずに、描写性能を追求したものだと   思われます。  ・ 写真性能は、とっても良いです。中判では、全く文句ありません。   デジカメ一眼レフでは、F2.8はピント調整がとてもシビアで、ピント   ピッタリの写真をまだ撮れていません。ベテラン諸氏に言わせると、   レンズの性能が悪い訳ではなく、もっと追い込めるそうです(^^;)。   なお、ナイフエッジの切れ味はとても良いですので、ピントをキッチ   リ合わせれば、デジカメでも良く写ることが期待されます。  ・ 周辺減光(口径食)も、同クラスの他の写真レンズと比べれば、非   常に良好です(写真レンズは35mm用ですので、当然と言えば当然です   が)。ただしそれでも、中判では少し口径食があります。オプション   の絞りを使うと、全くフラットと言って良いくらいまで改善されます。   1/2段絞ってF3.3にすれば、中判には十分です。むしろ、F3.3では   明るすぎて、赤道儀に他の望遠鏡を同架していると撮れないです(露   出オーバーになってしまいます)し、光害がある時にもF3.3では明る   すぎることから、普段はF4程度に絞って使うことが多いです。赤道儀   にこれ1本だけ載せて低光害地で撮るなら、F3.3で良いでしょう(フ   ラットよりもスピード優先なら、もちろんF2.8開放で撮れます・・・   絞るのは、もっぱら周辺減光の補正のためであって、シャープネスは   少なくとも中判では全然変わった感じがありません・・・絞れば焦点   深度が深くなるため失敗は減るでしょうが)。  ・ 残念ながら生産中止されています。中古も少ないと思いますが、も   し見かけたら、写真派諸兄にはお勧めです。中古の値段はよくわかり   ませんが、オリンパスの350mm/F2.8やニコンの400mm/F2.8よりは安く   買えるでしょうし(キャノンのFD400mm/F2.8とだと良い勝負かもしれ   ません)、改造しなくても中判が使えますし、改造した35mm用レンズ   よりは周辺像が良いです(オリンパスのみ、改造したレンズによる写   真を見たことがありません。ニコンは良く見ます。キャノンは自分で   も、中判用に改造した328と428を最多時で各2本<現在は各1本>、   所有しています・・・BORGを買って以来、キャノンの出番がなくなり   ました・・・キャノンよりもこの望遠鏡の方が、明らかに良く写りま   す)。 → 最近、ニコンのMFの400mm/F2.8が、ずいぶん安くなって   来ていて、キャノンのと似たような値段になっています。BORGよりも   ニコンの方が安いかもしれません。しかし、少なくとも天体写真性能   は、BORGの方が圧倒的に良いです。
BORG 76ED  ・ 最初はガイド鏡用として買ったのですが、最近は自宅前で普段の日   にちょっと星を見るのにも愛用しています。  ・ 星を見るのは、キャンプなどでじっくり見ることもありますが、普   段の日に、帰宅中に星がきれいだと感じたりして、自宅前でちょっと   だけ見たいってことも多いですよね。この望遠鏡は、後述の赤道儀と   合わせ、小型軽量で、設置が超簡単なため、「自宅前でちょっと」見   るのに最適です。  ・ 特に、2003年の火星大接近の頃には、晴れれば毎日観望していまし   た。晴れる日が少なかったですが、こんなに頻繁に観望しても苦にな   らないのは、BORGならではと言えるでしょう。この望遠鏡と架台を入   手していなければ、こんなに頻繁には見なかったでしょう。そして、   これだけ頻繁に見ていると、日によって見え方が違うことがわかった   りして、楽しみが倍加されます。  ・ 眼視性能は、他に同クラスの望遠鏡をあまり見たことがありません   ので比較しにくいのですが、特に問題を感じたことはありません。夏   でもシーイングのやや悪い日などは、惑星はMT-200より良く見えるこ   とがありますし、シーイングの良い日にはスキッとシャープに見えま   すので、基本性能は優れていると思われます。  ・ 星雲を見ると、やはり口径が小さいですので、あまり見栄えはしま   せん。しかし、オリオンなどの特大クラスは、中倍率で一応細部を見   ることができ、双眼鏡とは差別化できます。後述の45EDでは星雲は辛   いですので、望遠鏡を1台だけ持つ人が万能的に使いたい場合、この   くらいが、大きすぎず、小さすぎず、ちょうど良いと思います。予算   があれば、10cmでも良いかもしれません。  ・ また、この望遠鏡を観望で使う際には、レボルバー式接眼部を装着   しているのですが、これが優れものです。アイピースの交換が簡単な   のは当然として、最大のポイントはファインダーを兼ねる点です。私   は常々、望遠鏡にとってファインダーはとても重要だと思っているの   ですが、これはまさに最高のファインダーです。十字線が無いので、   最初は正確に導入できるかどうか心配でしたが、ちゃんと導入できま   すね。このレボルバー式接眼部は、プラスチック製でキャシャに見え   ますが、むしろ軽いため撓んだりはしません。逆に、軽いことが幸い   し、三脚や赤道儀を含む全体の揺れに影響しません。うまく考えられ   た設計だと思います。ただ、見かけが「いかにもプラスチック」です   ので、それで損をしている製品だと思います。  ・ ガイド鏡として使う時、伸縮式の鏡筒の強度がちょっと心配でした   が、撮影結果で問題は生じていません。ただし、本機はサブのガイド   鏡ですので(メインは後述の105EDHF)、撮ったのは400mm程度までで   あり、あまり長焦点では撮っていません。なお、ガイド撮影では、接   眼部はレボルバーを外して、トミーテックの4点式オフアキシスを装   着しています。
BORG 45ED(ミニボーグED)  ・ 超小型の望遠鏡ですが、金属製のしっかりした作りで所有実感があ   り、また、この大きさからは信じられないほど良く見えます。  ・ この口径でほぼ限界の100倍前後で、観望していて違和感を感じ   ません。むしろ、普通は口径による限界まで上げてしまうと、シンチ   レーションの影響が大きく出ますので、それがないため、とても安定   して見えます。  ・ 特に、シーイングの悪い日には、口径が小さいほどシンチレーショ   ンを拾いませんので、この望遠鏡が一番良く見えることがあります。   76EDやMT-200よりも良く見えるんですよ。まぁそれはやや特殊な状況   だとしても、普通程度のシンチレーションの日に、76EDには少し負け   ますが、十分に楽しめます。もちろん、シーイングの良い時の大口径   のような「すごい」見え方ではありませんが、大接近前後の火星や、   木星・土星などの大型惑星を、ちょっと見て楽しむには、十分な性能   です。月を見るには、お釣りが来ます。また、天体が主目的ではない   旅行などに持って行くにも、最適です。ただし、口径の限界近くまで   倍率を上げると、かなり暗くなることから、楽に見られる感じではあ   りません。楽に見るには、やはり口径に余裕のある、76ED以上の方が   良いでしょう。  ・ 星雲は、この口径ではさすがに無理です。アンドロメダなどの大型   星雲を見ても、存在がわかる程度で、望遠鏡で見る意味がありません。   双眼鏡を使うべきでありましょう。散開星団は、良く見えます。球状   星団は、都内の、しかも街灯のある所では無理でした(暗いところに   行った時、球状星団を見るのを忘れてしまいました)。惑星の見え方   から推察するに、暗いところなら、球状星団も結構見えるだろうと期   待できます。  ・ また、後述の小型赤道儀に載せて、ほとんど揺れないのも、大きな   メリットです。揺れという意味では、76EDよりも本機の方が楽に観望   できます。  ・ 撮影レンズとしても良いという話を、良く聞きます。特に、バード   ウォッチングで、人気があるようです。私は、まだ撮影に使ったこと   はありません。  ・ 人気商品であり、注文してもすぐに入手できないことがあります。   旅行等の予定がある人は、早めに確保しておくことをお勧めします。
BORG 金属鏡筒用EDスーパーレデューサー  ・ 76EDなどの金属鏡筒シリーズに装着して、F4のハイスピードを実現   する、EDガラス使用の高性能レデューサーです。  ・ 一眼デジカメ専用に、イメージサークルが小さい代わりに、非常に   シャープに設計されています。  ・ 2004年5月のオーストラリア遠征で、知人所有の100EDに装着して撮   影しました。他の対物(76EDなど)では未だ使用していません。  ・ 使用感としては、合焦確認のための短時間露光では、設計方針どお   り非常にシャープで、隅々までキリッとした気持ちの良い星像です。  ・ 実際の作例では、シンチレーションやガイドの影響を受けるため、   評価が難しいのですが、合焦のためのナイフエッジの切れ味が、カメ   ラメーカーのレンズとは全然違います。カメラレンズでは恒星のピン   ぼけ像がじんわりと切れていき、レンズの波面収差が見えてしまいま   すが、このレデューサーでは瞬間的にスパッと切れます。レデューサ   を付けていない望遠鏡と、ほぼ同等です。中心以外も見てみましたが   (わざわざ見た訳ではなく、最初は中心に導入できていなかったため   です^^;)、切れ味は同じです。このように、撮影結果で見るよりも、   ナイフエッジの切れ味で見る方が、他の要素が入らず、しかもわずか   な収差を拡大して見られるため、レンズの評価を厳しくできるように   思います(ただし、この方法で確認できるのはシャープネスだけです   が)。
BORG 小型赤道儀  ・ 自宅前でちょっと見るのに最適な赤道儀です。私の知る限り、こん   なに設置が容易で使いやすいのは、世界随一でしょう。  ・ 76EDのところに書いたこととやや重複しますが、望遠鏡に求められ   る性能には、よく見えること、風があっても安定していることなども   ありますが、普段の日にちょっと使うために簡単に設置できることも   性能のうちです。よく見える(口径が大きい)ことや安定性は、「重   い」「設置が面倒」といったデメリットに直結します。設置が面倒で   ないことは、頻繁に使う望遠鏡にとって、とても重要です。  ・ 単に設置が容易というだけなら、経緯台も確かに容易です。しかし、   星が斜め方向に動くのに対し、経緯台では微動の方向が上下と左右で   すので、2軸を動かす必要があります。これでは、慣れた人が一人で   見る分にはまぁ良いですが(それでも観望への集中力はずいぶん削が   れます)、初心者向きとは言えませんし、他の人(特に子供)に見せ   てあげることはとても難しいです。赤道儀なら、極軸は「ざっと北の   方向に向ける」程度でも、1軸の調整だけでしばらくは見ていること   ができます。  ・ また、この赤道儀は、ワンタッチで経緯台にもなります。地上を見   る時や、北の方角を見るときには、経緯台に変更すれば見やすくなり   ます。これも、他の赤道儀には真似のできない大きな特徴です。  ・ 赤道儀の強度としては、やはり小型ですので、あまり頑丈ではあり   ません。私の機材でいうと、45EDを載せるには十分ですが、76EDでは、   ちょっと揺れます。といっても、ピント調整する時に気になる程度で、   見る時には許容範囲内です。10cmを載せたことはありませんが、かな   り揺れることが予想されます。この強度は、赤道儀自身の問題でもあ   りますが、それよりも写真三脚に載せていることの影響の方が大きい   かもしれません。しかし、写真三脚だからこそ、設置が楽なんですけ   ど。  ・ なお、ガイド写真の撮影は、ほぼ無理だと思います(おそらくメー   カーでも、撮影に使うことは意図していないと思います)。しかし、   魚眼などの超広角レンズで1分程度の露出で星を点に写したいなら、   ツマミを回す加減さえ習得すれば、使えるかもしれません。
タカハシ MT-200、JP  ・ もう長年愛用していますが、しっかりした作りで、とても丈夫です。  ・ もっぱら眼視で使用しています。観望会などに持参すると、見かけ   が立派なこともあり、人気を博しています。  ・ 見え味は良く、ミラーの精度は良いようです。しかし、ニュートン   としては結構高い方に属しますので、CP(コストパフォーマンス)   が良いかどうかは何ともいえません。  ・ 光軸の調整は、しっかりした押し引きネジを使用しているため、楽   にできます。また、一度調整すれば、車で観測地まで何度も移送して   も、ほとんど狂いません(たまに微調整することがあります)。  ・ 拡大撮影には、良く利用します。木星食でフォトコン入選実績もあ   ります。拡大撮影では、接眼部にかなりの負担がかかりますが、丈夫   にできていて、撓みで実害が生じることはありません。  ・ 直焦では、レデューサーも持っているのですが、EOSでピントが   出ず、まだ撮影したことはありません。  ・ ミラーの裏にある板に穴をあけ、早く冷えるように改造しました。   小さな穴ですが、かなり効果が実感できます。穴の部分の遮光は、難   しくありません。  ・ JPは、赤緯のギアが低温でかなり固くなってきました。先日、自分   でグリスアップしましたので、改善されたかどうか・・・。
タカハシ ε-300  ・ これを搭載できる赤道儀を自分では所有していないため、知人の別   荘で、ミカゲの大型赤道儀に同架してもらっています。  ・ まだ、まともな実写には成功していないのですが、アイピースを付   けて覗くと、周辺までスッキリクッキリして気持ちいいです。ただし、   低倍率に限ります。
Pentax 105EDHF  ・ ガイド鏡として使用しています。ガイド鏡として使うには、しっか   りした作りで、とても良いです。  ・ 眼視に用いたこともちょっとだけあるのですが、良く見えました。   SDよりも色収差があるという人がいますし、そうでないと新型SD   を高く売る理由がありませんが、色収差はそれほど大きい訳ではあり   ません。こちらは、MT-200と並べて見比べるっていうのは、やったこ   とはありません。  ・ 光軸調整が不要なのも良い点です。もっとも、BORGも、今は光軸調   整はほぼ不要になりましたが。
Pentax MS-5赤道儀  ・ 最近入手しました。  ・ 移動用としては最高の、天体写真家垂涎の赤道儀です。安定感、信   頼性はピカイチです。  ・ 私のは初期の製品であるため、導入速度はあまり速くありません。   しかし、およその方向に向けておいて、その後電動で導入する分には、   遅くて困るということはありません。  ・ 設営は、さすがに面倒です。また、ピラーが車内に格納しずらいで   すし、赤道儀を車内のどこに積むかによって走行中の車の姿勢が変わ   って来ます(高い位置に積むとカーブで大きくロールして恐いですし、   ワンボックス車で助手席に積むとアンダーステアが強く出ます)。も   っともこれは、この製品の問題というより、大型赤道儀に共通の問題   かと思います。下手に使いやすさを追求するより、安定性を重視する   のは、この赤道儀には合った設計方針だと思います。
アイピース(一部のみ)  ・ PentaxXPは、惑星撮影や、月の強拡大撮影には、最高のアイピース   です。こういう撮影に興味がある人は、とっくにお持ちでしょうが、   もしもまだお持ちでないなら、すぐに望遠鏡店に走るべきです。新し   いXOとの比較は、していません。  ・ ビクセンのLVWは、LVよりも、単に広視界なだけでなく、シャープ   ネスも優れています。太い部分が2インチ用スリーブを兼ねていて、   使いやすいです。  ・ TeleView Nagler(初代)13mm は、エンドウ豆効果がとても大きい   ため、非常に暗い(目が暗順応しきった)所以外では全く使えません。   これは、タイプ2で改善されたと聞いています。私の20mmはタイプ2   で、焦点距離が違うので単純に比較できないのですが、エンドウ豆は   ほとんど出ません。  ・ PanOpticは、あまり超広視界ではありませんが、コントラスト、周   辺像などが、最も良い部類に属します。  ・ 笠井トレーディングのSuperWide30mmは、黄色の着色と、周辺像の   流れが気になります。ただし着色は、明るいところでアイピースだけ   見ると気になるものの、実際に夜に星雲を見るときには、ほとんど気   になりません。ただし、黄色いということは、目の感度が高い青い光   が減光していると思われますので、光量を損しているような気もしま   す(実害があるのかどうかは分光特性を調べないとわかりません)。   周辺像の流れは、高額アイピースの中では、かなり悪い方に属します。   しかし、見かけ視界90度という、超広視界の中でも特に広い視界です   ので、ある意味、仕方ないのかもしれません。  ・ WideScanは、広視界ではありますが、視界の広さをあまり欲張って   いないためか、広視界アイピースの中では周辺像が良好です。また、   2インチではありますが、図体が小さめですので、双眼に向いている   と思います(普通入手できる双眼装置で2インチは無理ですが)。私   も、30mmは、双眼用に2本確保しています(これが使える双眼装置は   まだ持っていませんが ^^;)。  ・ PentaxXL40mmは、眼レンズの周辺の筒を繰り出すことができますの   で、眼鏡不使用の場合でも目を(顔を)アイピースに押し当てること   ができ、観望しやすいです。見え味も良いです。  ・ BORGのアイピース各種は、外側がプラスチック製のためオモチャの   ように見え、初めは使う気がしませんでしたが、使ってみたらレンズ   はちゃんとしたものでした。上記のTeleViewなどの数万円もする高級   アイピースには及びませんが、他社の数千円〜1万円台のケルナーや   オルソと同等の見え味で、値段が安く、しかも見かけ視界が広いです   ので、とてもお買い得です。さらに、プラスチック製で軽いため、接   眼部や架台への負担が軽く、携行にも便利です。
 このほか、私が所有している望遠鏡等の一覧は、機材コーナーで紹介し ております。

  このページのTOP  1つ前のメニュー  天体のトップ