前へ
次へ
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ □                               □ ■      米国西部、奇岩と峡谷の国立公園   第045号  ■ □                               □ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■  みなさん、こんにちは。hal-9000です。  お待たせしました。キャニオンランズ国立公園の、ニードルズ地区の 後半で、地区内のポイントなどのご紹介です。  今日は、写真が少ないです(^^;)。 ─────────────────────────────────  その前にお詫びです。前号で「ニードルズ地区内にはバンガロー等は ない」と書きましたが、衛星写真を見ていたら、それらしきものがあり ました。バンガローかどうか確認できませんが、いかにもそれらしく見 えます。ここから1kmくらい南西の道路沿いにも、何か大きな建物が 見えます。 http://map.yahoo.co.jp/print?type=scroll&lat=38.158807205644&lon=-109.76408206768&z=17&mode=aero&pointer=on&datum=wgs&fa=default&home=on&hlat=&hlon=&layout=normal&ei=UTF-8&p=&uid=&type=scroll&v=undefined ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ┌────────┐ │ニードルズ地区内│(前回と同じものです) └────────┘  ・     ・   ・   ・    ・ ・     ・CF  BS    ・    └┐   ・     PH└┐        NOP  ・        │       VC│        .・・・┬┤ ┌──┬──┴┴入口──        :  │└─┴──┴・・・・.      .・・EH  SF    WS    :      :   △         :・.      :             : :PP      :             :C :       CP           : :CA         DA         AA  駐車場等          見所   BS:ビッグ・スプリング   CF:コンフルーエンス   PH:ポットホールポイント  WS:ウッドゥン・シュー・アーチ   EH:エレファント・ヒル   CP:チェスラー・パーク   SF:スコー・フラット    DA:ドリュード・アーチ                 △:筆者お勧めの丘   ─ 舗装道路        PP:ポールバニャンズ・ポッティー   ・・・ 未舗装・四駆専用道路  CA:キャッスルアーチ     トレッキングコースは  C :クレセントアーチ     記入していません    AA:エンジェル・アーチ  未舗装道路と四駆専用道路が同じ記号ですが、EH付近では、EHまでが 未舗装(普通の自動車OK)、EHからCPまでは四駆専用です。  AA方面は、最初のちょっとだけが未舗装、すぐに四駆専用になります。  ちなみに、四駆専用道路は、とても難易度が高いようです。  特に、EHからCP方面は、超凸凹路面+急角度のカーブなどで有名な難 コースです。  AA方面も、タイヤが埋まりやすい砂地などがあり、慣れない人は避け た方が良いそうです。  故障やスタックでレッカー車を呼ぶと、牽引料だけで、千ドル以上か かります。故障なら、それに修理代が加わる訳です。以前にもお話しま したね。レンタカーなら保険が効きません。  ベテランは、必ず2台以上で向かうとか。2台以上いれば、1台がス タックしても、もう1台が牽引等で助けられる可能性がありますね。 ───────────────────────────────── ┌────────┐ │公園内のポイント│ └────────┘  ポイントはとてもたくさんあるのですが、次の4つに分けてご紹介し ます。  1.四駆ではない自動車や、短距離トレイルで行けるところ  2.長距離トレイルで、筆者が行ったところ  3.そのついでに見つけた、筆者お勧めのところ  4.筆者が行っていない、特に有名なところ  もっとも、2と4は、将来詳しくご紹介しますので(4はできないか も ^^;)、今回は簡単なご紹介に留めておきます。  今日は、このうち1だけです(^^;)。 ───────────────────────────────── ┌──────────────────────────┐ │公園内のポイント1、自動車+短距離トレイルで行ける所│ └──────────────────────────┘  ビッグ・スプリングは、舗装道路で行ける一番奥にあります。  ビッグ・スプリングは、トレイルヘッド(歩き始める拠点)になって おり、ここからいくつかトレイルがあります。中でも重要なのが、コン フルーエンス・オーバールックに行くトレイルです。コンフルーエンス については、4で後述します。  あと、1周1時間くらいの「スリックロックループトレイル」という トレイルがあるのですが、筆者は途中まで様子を見に行っただけで、全 部は歩きませんでした。後で地図で見ると、断崖の上を歩くコースのよ うです。  この場所は、基本的にはトレイルヘッドであり、ここに来れば何か特 別なものが見えるという訳ではありません(ビッグ・スプリング・キャ ニオン・オーバールックという所もありますが、何が見えるのか良くわ かりませんでした)。  しかし、ここの近くの岩は、ちょっと登ってみることなどができ(下 記の写真の岩に登った訳ではありません^^;)、筆者はニードルズ地区で 一番最初にここに行ったため、結構楽しめました。  岩の形は、あまりニードルズ地区らしい格好良い岩とは言いかねます。 また、岩に登ったりしないのであれば、あまり面白いところではありま せん。ちょっとだけ歩くなら、南の方角を目指す方がお勧めですので、 ここに行くのは、トレイルを歩く人、一通り回ってみたい人、うんと時 間のある人などだけで良いかと思います。  この写真は、ビッグスプリング付近で撮った可能性が高いと思うので すが、正確な場所がわからなくなってしまいました。次に述べるポット ホール・ポイントの辺りかもしれません。  実は、撮影場所は、撮影時刻から割り出せるかと思って、あまり丁寧 にメモを取らなかったのですが、この数日間に撮った写真は、撮影時刻 が全部1月1日0時0分になっていたのです。この数日前まで大丈夫で した。カメラのリセット等をしたかなぁ・・・。  なお、南部の方に「ビッグスプリング・キャニオン・トレイル」とい うところがあります。地図で見たところ、ここまで1つの谷がずっとつ ながっているようです。  さて、少し戻ったところに、短い「ポットホール・ポイント・ループ トレイル」という短いレイルがあります。1周1kmくらいです。  筆者は、こちらは、1周歩いてみました。  自然の中を歩ける整備されたトレイルではあり、回りは岩だらけです ので、それなりに楽しめるのですが、これといって何かが見える訳では ありません。なぜここにトレイルを作ったのか、今一つ理解できません。 途中に小高いところがありますいので、たぶんそこが景色が良いという 意味なのかと思いますが・・・。  他に何か面白いものがあって、筆者が見落としたのでしょうか(^^;)。  さらに少し戻って西に入ったところで、エレファント・ヒルとスコー フラットに向かう道路が分岐します。  エレファントヒルへは、途中から未舗装になりますが、良い道です。 ただし、路面が急に陥没することなどがあるそうですので、ゆっくり走 って下さい。  エレファントヒルの麓の駐車場は、ソーダスプリングという名前にな っているようです。ここから先は、道路が四駆専用になります。  筆者は、この四駆専用道路は非常に難しいとビジターセンターで聞い ていたため、ここに車を置いて、歩いて行ってみたのですが、これは確 かに難しそうです。  説明された「難しい所」まで行かないうちに、ここは筆者の腕では通 れそうにない(というか、こんな所は走りたくない ^^;)と判断しまし た。  現地には、こんな看板もあります。  この四駆専用道路を走れると、後からたっぷりご紹介するチェスラー パークの近くまで自動車で行けるため、とても楽になるのですが・・・。  帰国後にちょっと検索したところでは、この四駆専用道路は、四駆車 マニアですら「チャレンジ」するような、とても難しいコースだそうで す。行かなくて良かった(^^)。  エレファントヒルの駐車場(つまりソーダスプリング)は、ヒル(丘) の下にあるため、特に何かがあるとか、何かが見えるとかいう訳ではあ りません。しかし、ヒルに歩いて登ると、割と眺めが良いです。低い丘 ですので、短時間で登れます。時間は計りませんでしたが、たぶん10 分くらい?。  ただ、眺めは良いのですが、どこを見ても遠いですので、雄大感は味 わえるものの、「何かが良く見える」ということはあまりありません。 しかし、ビッグスプリングやポットホールポイントよりは、チェスラー パーク方面などの針峰群に近く、ニードルズらしい風景になっています。  エレファントヒル(ソーダスプリング)は、ニードルズ地区西部や、 南西部のチェスラーパーク方面への、トレイルヘッドになっています。  スコーフラットも、トレイルヘッドです。  ここは、南部の多数のトレイルに向かう拠点になっています。チェス ラーパークには、ここからも行けます(エレファントヒルからの方が近 いです)。  スコーフラットというのは、トレイルヘッドの駐車場の名前であると ともに、その裏にあるキャンプ場の名前、ここからビジターセンターの 北部にかけての平らなエリアの名前でもあります。  また、ここから南に少し行ったところに、スコーキャニオンという谷 があります。名前が紛らわしいですね。  筆者は、スコーフラットに車を置いて、2泊3日のトレッキングの旅 に出ました。  これについては、2でご紹介します。  さて、ビジターセンターの方向に戻って行くと、途中でウッドゥン・ シュー・アーチという、正に木靴のような形の(靴底の土踏まずの部分 がアーチ状になっている)岩が見えます。  面白い形ではありますが、アーチーズ国立公園などのアーチを見慣れ ていると、小物に思えるかもしれません。  このアーチの少し東から、エンジェルアーチ方面に行く四駆専用道路 があります。最初の少しは、四駆ではない普通の車も走れるようですが、 筆者は行きませんでした。  この道路の先にある見所については、4でご紹介します。  ビジターセンターの近くに、ロードサイドリューインという、昔の壁 画があります。ロードサイドというと、道路のすぐ横にあるように感じ ますが、実は500mほど歩きます。  筆者も見たはずだと思うのですが、どんなところだったのか思い出せ ません。写真も撮っていないようです。見なかった、ってことはないと 思うのですが・・・(^^;)。 ニュースペーパーロックが割と印象的だっ たため、記憶が混同しているのかもしれません。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ┌────┐ │次号予告│ └────┘  ニードルズ地区の続きで、「2.長距離トレイルで、筆者が行ったと ころ」をご紹介します。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ┌───────────────────┐ │米国西部、奇岩と峡谷の国立公園について│ └───────────────────┘  米国西部には、グランドサークルと呼ばれる、奇岩、峡谷の多い地帯 があります。  ここには、鉛筆を立てたような岩、アーチやブリッジ(どちらも橋)、 大きな丸い岩が今にも落ちそうに高い所に乗ったもの、形の整った岩、 整っていない岩、空がほんのちょっとしか見えない深い峡谷、見事な絶 壁、雄大な景観などが、たくさんあります。  グランドキャニオンは有名ですが、アーチーズ、キャニオンランズな どは、日本では今一つ有名ではありません。また、国立公園以外の場所 にある面白い岩などは、「地球の歩き方」にさえほとんど載っていませ ん。そういう見所をご紹介します。  この地域は、とても面白いです。素晴らしい経験ができます。ぜひと も、日本人の訪問が増えて欲しいと願っています。  登録・解除はこちらから   http://www.mag2.com/m/0000245249.html  過去の号はこちら   http://archive.mag2.com/0000245249/index.html  ホームページ:http://www.hal-9000.org   奇岩峡谷については、まだちょっとしか掲載していません。   抽選で天体写真プレゼント実施中。この地域で撮った写真がたくさ  んありますので、ぜひご応募下さい。  連絡先メール:mag@hal-9000.org   ご意見、ご感想、ご質問は歓迎します。   必ずしも返信するとは限りませんので、ご了承下さい。   頂いたご意見等は、メルマガで紹介させて頂くことがあります。   ペンネームをなるべくご記載下さい。  間違いだらけの天体望遠鏡選び(姉妹誌)   http://www.mag2.com/m/0000193166.html  天文趣味を始めてみよう(姉妹誌)   http://www.mag2.com/m/0000193171.html  一日一問、難問ナンプレ(姉妹誌)   http://www.mag2.com/m/0000193285.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
           
前へ
次へ