前へ
次へ
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ □                               □ ■      米国西部、奇岩と峡谷の国立公園   第039号  ■ □                               □ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■  みなさん、こんにちは。hal-9000です。  いよいよ、究極の「キャニオンランズ国立公園」のご紹介です。  キャニオンランズ国立公園は、3つの地区に分けられていますので、 全体+3回で、全部で4回のシリーズでご紹介します(以前、3回シ リーズと予告しましたが、全体の説明を1回入れて全4回にしました)。  今日は、全体の話です。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■  キャニオン・ランズ国立公園(全体)   ★☆を使った評価は、地区別に掲載します。  筆者が行った時期:(3地区の合計)   × 1989年6月   × 2002年11月    アーチーズには行ったんですが(^^;)   ◎ 2003年09月〜10月 1地区のみですが2泊3日滞在   ◎ 2005年12月〜01月 3地区で計1週間くらい滞在 ───────────────────────────────── ┌────────────────┐ │キャニオンランズ国立公園について│ └────────────────┘  とてつもなく、雄大な景観です。  グランドキャニオンよりも雄大に見えます。  グランドキャニオンは、実はものすごく大きいのですが、大きさの実 感が湧かない面があります。おそらく、全てのものが大きく、それを結 構遠くから眺めることになるためだと思います。  一方こちらは、遠近感があるためか、筆者はものすごく雄大に感じま す。  また、グランドキャニオンは、大きいとはいえ比較的単調な風景の連 続であるのに対し、こちらは、岩の質が変化に飛んでいて、見ていて面 白いです。風景を見ていて「あそこに行って見たい!」と強く思うのは、 こちらの方です。  奇岩奇勝ポイントもたくさんあります。  コロラド川とグリーン川という、2つの巨大な河川が、この公園内で 合流しています。  この巨大河川に削られた峡谷が、キャニオンランズ国立公園です。  グランドキャニオンやザイオンと違い、かなり幅広く削られています。  川が途中で合流するということは、川はYの字の形で流れている訳で す。  この川で区切られた3つの陸地が、それぞれ下図のように「地区」と 呼ばれています。       \ アイランド・イン・/      グ \  ザ・スカイ / コ       リ \  地区  / ロ        ー \    / ラ         ン \  / ド          川 \/ 川            /    メイズ地区   / コ   ニードルズ地区           / ロ           / ラ          / ド          / 川         /  正確には、メイズ地区の西に「ホースシューキャニオン地区」という 小さな地区がありますが、細かい説明をする時以外は、そこを無視して 話を進めます。  この3つの地区は、あたかも別々の国立公園のように機能しています。  キャニオンランズ国立公園の中には、この3つの地区をつなげる道路 は(つまり橋は)ありません。ある地区から別の地区に行くには、川を 泳いで渡るか(急流ですけどね ^^;)、公園の外をぐるーーーっと(最 も近いア〜ニ地区の間で150kmくらい)回る必要があります。  3つの地区は、どれも川に刻まれた峡谷なのですが、それぞれに特徴 があります。  ・ アイランド・イン・ザ・スカイ地区は、行きやすく、最高に雄大   な姿や、小さいですがアーチなどを、気楽に楽しめます。侵食が比   較的深く、垂直な崖がメインで構成されていて、その崖の上に公園   の中心部があります。  ・ ニードルズ地区は、侵食された部分と、残っている部分のバラン   スが程よく、岩だらけの風景が楽しめます。人の少なさも魅力です。   しかし、191号線から、割と行きやすいです。有名な名所は、多   くがトレイルを半日くらい歩いた先にありますが、車で行ける範囲   でも、結構楽しめます。  ・ メイズ地区は、平原の中に少しだけ残った奇岩(しかし特別に面   白い形をした奇岩)や、ざっくりと侵食された崖(ホワイトリム)   に近寄れるところなどが魅力です。極端に行きにくく、四輪駆動車   がないと、公園の境界にも辿り着けません。人はほとんどおらず、   それが魅力であると同時に、車が故障したら命に関わりそうです。  アイランドインザスカイ地区のみ、峡谷の崖の上(一番高い所)に、 中心部があります(四駆車なら崖の一段下にも行くことができます)。  ニードルズ地区とメイズ地区は、この崖を巧妙に降りる道路があって、 崖の一段下に公園の大部分があります(一段下といっても、川まではま だだいぶあります)。特にニードルズ地区は、普通の車で、崖の下まで 降りることができます。  この3地区を順にご紹介します。  なお、複数形でキャニオンラン「ズ」というのがこの公園の正式名称 ですが、単数形でキャニオンラン「ド」と書かれたガイドブックなども 見かけます。  当メルマガでは、なるべくキャニオンラン「ズ」と書きますが、うっ かり違う書き方をしちゃうことがあるかもしれません(^^;)。 現地では、 どっちで発音しても、ちゃんと通じます。 ───────────────────────────────── ┌───────────────┐ │キャニオンランズ国立公園の場所│ └───────────────┘  SaltLakeCity   ├┐   │├─┬─Rich┬─────────┬GreenR─70─┬─   ├┘ │   │         │      │   │  89 ┌─┤         │    ┌─┤   15  │ │ │         │   ■■ Moab  Beaver ├─┘ │         ├───■■ 191   ├──┤   └Torrey────Hanksville ■■─┤   │ Pangch    │       │      │   │  ├─── Escalante     └──┬─Blanding  CedarC─┤                │   │   /   │                ├──Bluff StG───┤               MexHat  │  /    Kanab────Page──┐     ┌┘   │┼ /    └─┐ ┌┐│  Kaibeto  Kayenta───┼─ LV      └┬┘└┤  ┌┴─────┘    │ \          │  │           191  \         ├TubaCity          │   93     ┌──┤  └───┬───────┼─    \    │  │      │       │     Kingman─┴─Flagstaff ───┴─────40─┴─ ───────────────────────────────── ┌─────────┐ │公園付近(3地区)│ └─────────┘  ───┬────GreenR───────70─────┬─     │    ・グ              │     │     ・リ         ┌───┤アーチーズ     │      ・ー        │   ├┘     24       ・ン       ├─┐ │     │        ・川      │ │ モアブ     │       G■・■■■■■■■・デ・│   ┌─┤      GGG■・■■ア■■・ ・ │   ゴ ├────┐GGGGG■・■■■・    │     │    │GGGG■■■・■・■■   191  ──ハンクス  └────■メ■■・■■■■  │     │ビル   GGGG■■■・■■ニ■■──┤     │     GGG■■■・■■■■■■■ │     95     GGGGG・     ■■■ │     │     GGGG・      ■■■ │              ・             ・ デ:デッドホースポイント州立公園            ・  ゴ:ゴブリンバレー州立公園           ・コ  G:グレンキャニオン国立保養地          ・ロ   ■:キャニオンランズ国立公園         ・ラ    ア:アイランド・イン・ザ・スカイ地区        ・ド     ニ:ニードルズ地区       ・川      メ:メイズ地区 ─────────────────────────────────  アクセス、公園内の様子、ポイントなどは、地区毎にご紹介します。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ┌────┐ │次号予告│ └────┘  次回はアイランド・イン・ザ・スカイ地区をご紹介します。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ┌───────────────────┐ │米国西部、奇岩と峡谷の国立公園について│ └───────────────────┘  米国西部には、グランドサークルと呼ばれる、奇岩、峡谷の多い地帯 があります。  ここには、鉛筆を立てたような岩、アーチやブリッジ(どちらも橋)、 大きな丸い岩が今にも落ちそうに高い所に乗ったもの、形の整った岩、 整っていない岩、空がほんのちょっとしか見えない深い峡谷、見事な絶 壁、雄大な景観などが、たくさんあります。  グランドキャニオンは有名ですが、アーチーズ、キャニオンランドな どは、日本では今一つ有名ではありません。また、国立公園以外の場所 にある面白い岩などは、「地球の歩き方」にさえほとんど載っていませ ん。そういう見所をご紹介します。  この地域は、とても面白いです。素晴らしい経験ができます。ぜひと も、日本人の訪問が増えて欲しいと願っています。  登録・解除はこちらから   http://www.mag2.com/m/0000245249.html  過去の号はこちら   http://archive.mag2.com/0000245249/index.html  ホームページ:http://www.hal-9000.org   奇岩峡谷については、まだちょっとしか掲載していません。   抽選で天体写真プレゼント実施中。この地域で撮った写真がたくさ  んありますので、ぜひご応募下さい。  連絡先メール:mag@hal-9000.org   ご意見、ご感想、ご質問は歓迎します。   必ずしも返信するとは限りませんので、ご了承下さい。   頂いたご意見等は、メルマガで紹介させて頂くことがあります。   ペンネームをなるべくご記載下さい。  間違いだらけの天体望遠鏡選び(姉妹誌)   http://www.mag2.com/m/0000193166.html  天文趣味を始めてみよう(姉妹誌)   http://www.mag2.com/m/0000193171.html  一日一問、難問ナンプレ(姉妹誌)   http://www.mag2.com/m/0000193285.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
           
前へ
次へ