前へ
次へ
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ □                               □ ■      米国西部、奇岩と峡谷の国立公園   第032号  ■ □                               □ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■  みなさん、こんにちは。hal-9000です。  本日は、ゴブリンバレー州立公園をご紹介します。小さな州立公園で すが、筆者が大好きなところです。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■  ゴブリンバレー州立公園  推奨度(初心者) ★★★★☆ 近くを通るなら是非  推奨度(ベテラン)★★★★★ 絶対行くべき  感動度      ★★★★☆ 素晴らしいの一言  雄大度      ★★☆☆☆ あまり大きくはありません  迫力度      ★☆☆☆☆ 迫力というのはかなり違いますね  奇観度      ★★★★★ これぞ奇岩、奇観  穴場度      ★★★★★ 穴場の代表みたいなところです  入園料 自動車  $5(入口に有人のゲートがあります)   有効期間は忘れましたが、1〜2日間滞在する分には大丈夫です。  筆者が行った時期:   × 1989年6月   × 2002年11月   ◎ 2003年09月〜10月(1泊滞在、子供が多くて撮影失敗)   ◎ 2005年12月〜01月(1泊滞在、雨) ───────────────────────────────── ┌───────────────┐ │ゴブリンバレー州立公園について│ └───────────────┘  ゴブリンとは、小鬼とか小悪魔のことです。  ここには、高さ3〜4m程度とやや小振りですが、小鬼のような形を した岩が、たくさん並んでいます。  たくさんというのは、十や百ではありません。数千くらいのオーダー です。  小さな谷に一杯、所狭しと、ゴブリンが並んでいます。 ───────────────────────────────── ┌──────────────┐ │ゴブリンバレー州立公園の場所│ └──────────────┘  70号線からハンクスビルに向かう途中にあります。看板が出ていま す。  ゴブリンは谷間の低い所にあるため、24号線から直接は見えません。  SaltLakeCity   ├┐   │├─┬─Rich┬────────┬─GreenR─70─┬─   ├┘ │   │        24       │   │  89   │       ■│       Moab   │  │ ┌─┤        │       │   15  │ │ └Torrey─24─Hanksville     191  Beaver ├─┘   │      │       │   ├──┤     │      95       │   │ Pangch    │      │       │   │  ├─── Escalante    └───┬─Blanding  CedarC─┤                │   │   /   │                ├──Bluff StG───┤               MexHat  │  /    Kanab────Page──┐     ┌┘   │┼ /    └─┐ ┌┐│  Kaibeto  Kayenta───┼─ LV      └┬┘└┤  ┌┴─────┘    │ \          │  │           191  \         ├TubaCity          │   93     ┌──┤  └───┬───────┼─    \    │  │      │       │     Kingman─┴─Flagstaff ───┴─────40─┴─ ───────────────────────────────── ┌────┐ │公園付近│ └────┘      △  │     ─┬──┤ ← ここから入る(看板あり)      │  │      │  24      │  │      ├──┤ ← ショートカット、路面が悪い     現地  │         │  24号線に、看板が出ています。  △の所にも、看板と、ちょっとした案内板があります。  道路は舗装されていますが、ちょっと粗い感じの路面です。  途中をショートカットする道路がありますが、ちょっと見たところで は路面がだいぶ悪そうですので、お勧めしません。  24号線を南から来た場合、このショートカット道路の入口はわかり にくく、言い換えると、間違えて入り込んでしまう心配はありません。 ───────────────────────────────── ┌───┐ │公園内│ └───┘         │        ゲート  ビュート   │         │   キャンプ場─┴──┐           展望台  ゲートから入ってすぐに、T字路に差し掛かります。左折して展望台 に進んで下さい。 ───────────────────────────────── ┌────────────┐ │ビジターセンター、案内所│ └────────────┘  何か建物がありましたが、ビジターセンターとは違うようで、筆者は 立ち寄りませんでした。 ───────────────────────────────── ┌──┐ │宿泊│ └──┘  キャンプ場があります。  筆者は、2回とも、展望台の駐車場に車を駐めて、その中で寝ていま した。 ───────────────────────────────── ┌────────┐ │公園内のポイント│ └────────┘  料金所のあたりから、ゴブリンの姿がチラホラと見え始めます。  どれを写真に撮ろうかなぁ、などと考え始めます。  しかし、料金所の先を左折して行き着く展望台に立つと、今まで見え ていたゴブリンの姿など、頭から吹っ飛んでしまいます。  展望台からゴブリンバレー(谷)を見下ろすと、見渡す限り、ゴブリ ンが並んでいるのです。  谷といっても、深さは10mくらいしかありません。そして、ほとん ど平らです。  この谷に歩いて降りていくことができ、ゴブリンに触ったり、傾斜の 緩やかなゴブリンなら登ったりすることができます。  ガイドブックなどに載っている有名な(形の良い)ゴブリンは、展望 台の比較的近くにあります。でも、ちょっと歩き回らないと、見つかり ません。  自分の好きなゴブリンを探して歩くのが、ここの一番の楽しみ方だと 思います。  この谷は、結構広いです。大きな峡谷とは比べる由もありませんが、 一番奥まで歩くと結構あり、1時間や2時間はすぐに経ってしまいます。 昼間は、必ず水を携行して下さい。  一番奥の崖は、ちょっと青みがかかった、割ときれいな色をしていま す。崖の色といえば、コダクローム・ベイスンやキャピトル・リーフな どが本家ですが、こっちの方がきれいかも。  谷の中には、看板等は何もありませんが、ほとんどの場所から展望台 が見えますので、迷って帰れなくなる心配はありません。  ただし、夕方はご注意を。月の無い日に暗くなったら、懐中電灯なし では全く歩けません。もっとも、昼寝(夕寝?)でもしない限り、真っ 暗になる前に展望台まで帰り着けると思いますが。  なお、展望台に帰るのに近道しようとして丘のような部分に登ると、 展望台側に降りられず、戻ろうにもどこから登って来たのかわからず、 降りる所が見つからなくなることがあります(そんな所に登るのは筆者 だけ?)。 ─────────────────────────────────  料金所の先を右折した方向(地図上で左の方)には、ワイルドホース ビュートという岩山があります。  ビュートとは、以前もご紹介しましたが、テーブルマウンテンがだん だん崩れて細くなり、メサよりも少し細くなったくらいのものです。な お、メサなどの用語の使い分けは、かなりいい加減です。   ┌───────────┐  ┌───┐  ┌─┐  ┌┐   │           │  │   │  │ │  ││  ─┘           └──┘   └──┘ └──┘└─      Table Mountain       Mesa    Bute   Rock       テーブル山        メサ   ビュート  岩  このビュートには、さほど近くまで行ける訳でもありませんので(未 舗装道路を行けば近寄れるかも?)、よほどビュート好きの人でない限 り、料金所付近から遠望するだけで良いでしょう。  キャンプ場なども、ここ(料金所の先を右折したところ)にあります。 ───────────────────────────────── ┌───────┐ │ゴブリンの成因│ └───────┘  どうしてこんなゴブリンができたのか不思議・・・と言いたいところ ですが、この地域に良くあるような、上に固い地層、下に柔らかい地層 があって、上の地層が残っている時に、下の地層は圧迫されて侵食され にくいために残っている、というものでしょう。  ただ、ゴブリンバレーの地層は、上の層でも、さほど固い岩ではなく、 「かなり固く締まった泥」みたいな感じです。下の層は、手で触れれば ボロボロするようなものです。  ゴブリン達の命は、割と短いように思います。 ───────────────────────────────── ┌─────┐ │子供が多い│ └─────┘  2003年09月のことです。  林間学校みたいな、子供達の集団が来ました。  小学生から高校生くらいまでいましたので、学校ではなく、町内会か 教会みたいな集まりだと思います。  それが、夜遅くにも、ゴブリンバレー(展望台の下)まで、大挙して やって来たのです。懐中電灯どころか、ものすごく明るいガスランタン を持って。  露光中の星景写真は、全て駄目になりました。日没後の真っ暗になる 前に多重露光するなど、かなり凝った撮影をしていたのですが・・・。  2005年12月に行った時にも、子供達がたくさんいました。雨だったた め、連中は展望台にはあまり来ず、林間学校というほどの人数だったの かどうかはわかりませんが、単に「家族連れが多い」というレベルでは ありませんでした。  筆者が行った時にたまたまだったのかもしれませんが、2回続くと、 ちょっと気になりますね。  他の場所では、夜に大勢の子供達が現れたことは、一度もありません。  夜景をここで撮る人は少ないかもしれませんが、夜景狙いの人は、子 供達が集まりやすい日を避けた方が良いかもしれません。  いつなら大丈夫なのかは わかりませんが(^^;)、筆者が行ったのは、 9月(アメリカではまだ行楽シーズン中)の金曜日と、クリスマス近く でしたので、確かにやばい時期ではありました。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ┌────┐ │次号予告│ └────┘  次回は、いよいよ、アーチーズなど、モアブ周辺に行きたいと思いま す。  モアブ周辺は、筆者のホームグランドともいえる、一番好きなエリア です。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ┌───────────────────┐ │米国西部、奇岩と峡谷の国立公園について│ └───────────────────┘  米国西部には、グランドサークルと呼ばれる、奇岩、峡谷の多い地帯 があります。  ここには、鉛筆を立てたような岩、アーチやブリッジ(どちらも橋)、 大きな丸い岩が今にも落ちそうに高い所に乗ったもの、形の整った岩、 整っていない岩、空がほんのちょっとしか見えない深い峡谷、見事な絶 壁、雄大な景観などが、たくさんあります。  グランドキャニオンは有名ですが、アーチーズ、キャニオンランドな どは、日本では今一つ有名ではありません。また、国立公園以外の場所 にある面白い岩などは、「地球の歩き方」にさえほとんど載っていませ ん。そういう見所をご紹介します。  この地域は、とても面白いです。素晴らしい経験ができます。ぜひと も、日本人の訪問が増えて欲しいと願っています。  登録・解除はこちらから   http://www.mag2.com/m/0000245249.html  過去の号はこちら   http://archive.mag2.com/0000245249/index.html  ホームページ:http://www.hal-9000.org   奇岩峡谷については、まだちょっとしか掲載していません。   抽選で天体写真プレゼント実施中。この地域で撮った写真がたくさ  んありますので、ぜひご応募下さい。  連絡先メール:mag@hal-9000.org   ご意見、ご感想、ご質問は歓迎します。   必ずしも返信するとは限りませんので、ご了承下さい。   頂いたご意見等は、メルマガで紹介させて頂くことがあります。   ペンネームをなるべくご記載下さい。  間違いだらけの天体望遠鏡選び(姉妹誌)   http://www.mag2.com/m/0000193166.html  天文趣味を始めてみよう(姉妹誌)   http://www.mag2.com/m/0000193171.html  一日一問、難問ナンプレ(姉妹誌)   http://www.mag2.com/m/0000193285.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
           
前へ
次へ