前へ
次へ
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ □                               □ ■      米国西部、奇岩と峡谷の国立公園   第004号  ■ □                               □ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■  みなさん、こんにちは。hal-9000です。  今日は、グランドキャニオンの最終回で、主にアクティビティ(グラ ンドキャニオンでできること)のご紹介です。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ┌─────┐ │リムを歩く│ └─────┘  リムとは、「がけップチ」のことです。  ここを歩くトレイル(ハイキングコース)があります。  ちょっとくらい歩いても、巨大な景色は、あまり変わりません。  でも、ぜひとも、自分の足で歩いてみて、その巨大さ、雄大をを実感 して頂きたいと思います。  歩く際には、昼間は冬でも暑いですので帽子と日焼け止めと水分補給 が、また朝夕は夏でも寒いですので防寒着が、それぞれ重要です。  グランドキャニオンに限らず、この辺り一帯は、基本的に砂漠ですの で、一日のうちの寒暖の差が激しいです。  サウスリムでは、前述のように、トレイルは整備された平らな道や階 段が多く、靴にはあまり配慮しなくて大丈夫です。  下手に新しいハイキングシューズを用意するより、履き慣れたものを 使った方が良いと思います。  ただし、ハイヒールは、お勧めしません。がけっプチで、踵が岩の隙 間に挟まったりして、バランスを崩すと、大変危険です。自分が落ちる のは勝手ですが、近くにいる人を巻き添えにするリスクは避けるべきで しょう。  ノースリムでは、前述ですが普通の(人工的な表面ではない)登山道 みたいな所が多いです。それでも、きちんと整備はされています。  どちらも、岩が崩れやすいところもありますので、トレイルの外には 出ないで下さいね。  アメリカでは、「国立公園を安全に楽しめるようにする」という配慮 と同時に、「危険な所に行くのは自己責任で」という考え方が徹底して います。  そのため、道の外に危険な場所があっても、そのまま放置されます。 そんな所に行くのが悪い!ということです。  いいかえると、危険を承知であれば、かなりスリリングな場所に立つ ことも、できてしまいます。日本では、自殺者が出るととたんに塀を張 り巡らせますが、それとは大違いです。001号でご紹介したリンク集 に、そういう所に立っている人の写真があります。 ───────────────────────────────── ┌────────┐ │峡谷の中に下りる│ └────────┘  グランドキャニオンでは、基本的には、上から峡谷を見下ろすしかあ りません。  しかし、この峡谷の中に降りていく道があります。  自動車は通れませんので、歩くか、ミュール(ロバのような動物)に 乗っていくしかありません。  下りに1日、登りに1日かかります。宿泊付きのツアーがあります。  余談ですが、一日で往復する(降りて登る)ことを試みて、途中でダ ウンして救助される人が、後を絶たないそうです。脚力に自信のある人 ほど危ないとか。筆者も、飛行機着などを予約するときに、サンノゼの 旅行社の人に相談したところ、止めておくように強く言われました。  筆者は登山の経験も少々あるのですが、たしかに、下ってから登ると 厳しいというのは、理にかなっています。登りは心肺を酷使しますので、 しんどいですが、回復は早いです。下りは、脚の筋力を酷使しますので、 回復が遅いです。長い下りの後に登りがあると、相当大変だと思います。  救助費用は、とても高いそうです。  ミュールで行くツアーは、とても人気で、数ヶ月前から予約が必要だ そうです。  筆者は行ったことがありませんが(標高差にして数十mくらい下りて みましたけど、行ったうちに入りませんよね)、ぜひとも行ってみたい ものです。  なお、日帰り以外でこの道を降りるには、許可が必要で、有料です。  行ったことのある方、ぜひともレポートをお願いします。 ───────────────────────────────── ┌───────────┐ │カヌーやボートで川下り│ └───────────┘  これは、何日もかかりますので、日本からの旅行者はなかなか行けな いですが(筆者も未経験です)、一生に一度は行ってみたいですね。  ── 何日もかかる・・・と思っていたのですが、原稿を書いている    間に調べたところでは、ミード湖に近い40号線沿いのピーチスプ    リングスというところから、日帰りツアーが出ているようです。  ラフティングというスポーツがありますが、それに近い、急流下りが 楽しめるようです。  また、以前テレビで見たところでは、ゆったり流れている場所が意外 に多いようです。  峡谷を見上げながら川岸で食事。  テントで宿泊。  人間は自分達だけ。  人工物はボート以外には何も見えない。  良いですねぇ。  また、グランドキャニオン国立公園は、地図で見るとかなり大きいの ですが、自動車で近づくことができるのは、ノースリム、サウスリム付 近の、ほんの一部だけです。  それ以外の所は、カヌーやボートでしか(あるいは何日もかかる長大 なトレイルを歩くしか)、見ることができません。  川下りをしたことのある方、ぜひともレポートをお願いします。 ───────────────────────────────── ┌───────┐ │スカイウォーク│ └───────┘  最近、スカイウォークというものが、完成しました。  峡谷に上にかけられたU字型の橋で(対岸に渡るのではなく、同じ側 に戻ってきます)、床は強化ガラス製です。  考えただけで、スリル満点ですね。  渡ったことのある方、ぜひともレポートをお願いします。  (こればっか ^^;) ─────────────────────────────────  このほか、史跡や展示館みたいなものがいくつかありますが、筆者は 良く憶えていません(^^;)。  他の公園(筆者が最近行ったところ)では、なるべく漏らさずご紹介 しますので、グランドキャニオンのことはご容赦下さい(^^;)。 ───────────────────────────────── ┌────┐ │遊覧飛行│ └────┘  上から見下ろすしかないと書きましたが、容易に、下から見上げるこ とのできる方法があります。  遊覧飛行です。  筆者は、小型飛行機とヘリコプターに、1回ずつ乗りました。  どちらも迫力満点で、大峡谷を満喫することができました。  でも、飛行機とヘリのどちらかを選ぶなら(普通両方には乗らないで すよね ^^;)、次の理由から、ヘリをお勧めします。  ・ 飛行機より、がけの近くに寄ることができます。  ・ 飛行機では行きにくい狭いところにも、行くことができます。  ・ ホバリング(空中で停止)したり、停まったまま向きを変えて反   対側の窓の人に同じ景色を見せるなど、飛行機にはできない細かい   サービスがあります。  ・ 乗り心地が良いです(乗り物酔いしにくいです・・・ただし、峡   谷内は風が不安定なため、ヘリでも結構揺れます・・・飛行機はも   っと揺れます)。  ・ 窓の外に構造物がないため、写真を撮りやすいです(機種による   かも?)。  飛行機の方にも、より遠くまで行ってくれる、大人数が乗れる、全員 が窓側(機種によるかも?)、などのメリットがあります。 ───────────────────────────────── ┌──────┐ │遊覧だけでも│ └──────┘  遊覧飛行機は、現地まで行かなくても、ラスベガスやロサンゼルス等 の都市からも出ています(遊覧ヘリも、都市からっていうのがあるので しょうか?)。  筆者的には、なるべく自分の足でリムを歩き、その大きさを実感して ほしいのですが、時間の無い方は、遊覧飛行だけでも良いですので、ぜ ひともグランドキャニオンを訪れて欲しいと思います。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ┌────┐ │次号予告│ └────┘  次回ご紹介するのは、モニュメントバレーです。  モニュメントバレーも、映画撮影などで有名ですが、実際に行ったこ とのある人は、グランドキャニオンと比べるとかなり少ないように思い ます。  間に小ネタを挟みます。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ┌───────────────────┐ │米国西部、奇岩と峡谷の国立公園について│ └───────────────────┘  米国西部には、グランドサークルと呼ばれる、奇岩、峡谷の多い地帯 があります。  ここには、鉛筆を立てたような岩、アーチやブリッジ(どちらも橋)、 大きな丸い岩が今にも落ちそうに高い所に乗ったもの、形の整った岩、 整っていない岩、空がほんのちょっとしか見えない深い峡谷、見事な絶 壁、雄大な景観などが、たくさんあります。  グランドキャニオンは有名ですが、アーチーズ、キャニオンランドな どは、日本では今一つ有名ではありません。また、国立公園以外の場所 にある面白い岩などは、「地球の歩き方」にさえほとんど載っていませ ん。そういう見所をご紹介します。  この地域は、とても面白いです。素晴らしい経験ができます。ぜひと も、日本人の訪問が増えて欲しいと願っています。  登録・解除はこちらから   http://www.mag2.com/m/0000245249.html  過去の号はこちら   http://blog.mag2.com/m/log/0000245249/  ホームページ:http://www.hal-9000.org   奇岩峡谷については準備中。   抽選で天体写真プレゼント実施中。この地域で撮った写真がたくさ  んありますので、ぜひご応募下さい。  連絡先メール:mag@hal-9000.org   ご意見、ご感想、ご質問は歓迎します。   必ずしも返信するとは限りませんので、ご了承下さい。   頂いたご意見等は、メルマガで紹介させて頂くことがあります。   ペンネームをなるべくご記載下さい。  間違いだらけの天体望遠鏡選び(姉妹誌)   http://www.mag2.com/m/0000193166.html  天文趣味を始めてみよう(姉妹誌)   http://www.mag2.com/m/0000193171.html  一日一問、難問ナンプレ(姉妹誌)   http://www.mag2.com/m/0000193285.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
           
前へ
次へ